診療科・部門

形成外科

独自HPへ

  • 診療案内
  • 高度先進・特殊医療
  • スタッフ紹介
  • 外来担当医表

治療方針

キズをきれいに治すこと。それは形成外科医の得意分野です。そして実は、他にも様々な病気に対して「一歩進んだ最新治療」を提供することが私たちの強みです。

「カタチと機能」を取り戻し、人生を前向きに生きるお手伝いをしたい。その想いを胸に、皆さま一人ひとりの状況や希望をお聞きした上で、手術、内服・軟膏治療やレーザー治療、最先端の顕微鏡手術などを組み合わせた治療に取り組んでいます。

主な診療内容

動きや感覚を取り戻す治療
顔面神経麻痺や指先の感覚麻痺、顔面や目の感覚麻痺などに対して、神経を移植することなどで元の動きに近づけ、知覚を獲得させます。
リンパ機能を取り戻す治療
女性の癌などでリンパ浮腫となってしまった方に対して少しでも元の生活に戻れるよう、また将来的に重篤な浮腫を起こすことが無いようにします。
失われた形を取り戻す治療
外傷や腫瘍でなくなってしまった指や顔の一部を他から組織を持ってくることで元のような形に戻します。
ないものを創り出す治療
生まれつき体の一部に欠損がある方には自分の体の目立たない部分の組織を使って自然な形になるように、また余分にある組織を綺麗に取り除くことで自然な形にします。

得意とする分野

  • 再建外科全般
  • 頭頸部(エキスパンダー・皮弁・植毛)・四肢(趾移植・筋肉移植・四肢温存術)
  • 顔面神経麻痺(神経移植・筋肉移植・筋膜吊り上げ・眼瞼下垂ほか)
  • リンパ浮腫(リンパ管静脈吻合・リンパ節移植・脂肪吸引・ICG検査)
  • 血管腫・血管奇形(外科的治療・硬化療法・再建)
  • 乳房再建(インプラント・穿通枝皮弁移植術)
  • 耳の奇形(小耳症・耳垂裂・垂れ耳・スタール耳・副耳・耳瘻孔)
  • 指趾の奇形(多指症・合指症・巨指症・短指症・絞扼輪)
  • 外傷(切断指・顔面挫創・組織欠損に対する再建)
  • 熱傷瘢痕・ケロイド(瘢痕拘縮解除・整容的再建)
  • 眼瞼下垂(先天性・後天性)