栄養と食生活

食生活を見直す

食生活とがんの関係については、さまざまな研究が進められています。高濃度の塩分摂取は胃がんの発症原因とされており、また、脂肪やエネルギーの摂り過ぎは、乳がんや大腸がん等の要因と考えられ、特に中高年の人は、脂肪を控え、エネルギー摂取量を下げ、肥満を予防することが大切です。

野菜をとる

野菜摂取については、緑黄色野菜、果物、海草類に多く含まれるビタミン類やミネラル類にがん発症の抑制作用があるため、これらを十分に摂り、がんの予防に努めることが大切であると言われています。

健康づくり応援の店

健康づくり応援の店

県では、健康づくりをサポートする食環境づくりを進めるため、ヘルシーメニューの表示などを行う「健康づくり応援の店」の取組を行っています。
栄養成分等の表示やヘルシーサービスの提供、健康情報の発信に積極的に取り組んでいただいています。