教育・研修

スタッフ集合写真

基本理念

当院では、3つの基本理念をもち、救急専門医の教育を行い、
三重県の救急医療の核となる医師を輩出することを目的としている。

三重県の救急医療の核となる医師

救急医研修プログラム

3次救命救急センターとして、主に重症患者(救急科では主に多発外傷、心肺停止、ショック、急性呼吸不全、重症熱傷など)を中心に患者受け入れを行っています。救急 外来から集中治療室までを同一チームで管理し、一貫した治療を行っているのが当院の強みです。
救急外来では体外循環、開胸心マッサージ、開腹止血術、輪状甲状間膜切開術を含む緊急手術も積極的に行っています。また、2012年2月よりドクターヘリも導入し、病院前治療も強化し、三重県全域からの重症患者の受け入れを行っています。

当救命救急センターの研修プログラムの目的は「優秀な救急専攻医を育成すると同時に三重県の地域社会にとって不可欠なセーフティーネットが整備されること」です。

以下のプログラムを通して三重県の救急医療を担う優秀な医師の育成に取り組んでおります。

専門研修プログラム

三重大学医学部附属病院救命救急センター専門研修プログラムは、専門研修基幹施設 である三重大学医学部附属病院 救命救急センターと地域の中核病院である11個の専門研修連携施設からなります。
これらの研修施設は三重県の高度医療から地域医療までを担う病院群から形成されており、それぞれの特徴を活かして救急専門医になるための研修を行うことで、日本救急医学会・専門医機構が掲げる研修到達目標や症例および必須手技経験基準を満たすことができます。
3年間の研修のうち、少なくとも1年間は研修基幹施設である三重大学医学部附属病院救命救急センターにおいて研修を行い、臨床(高度救命救急医療)、研究(臨床・基礎研究)、教育(若手研修医・後輩への教育)の素養を身につけます。残り2年間の研修期間をどの施設で研修するかは上記連携施設の長およびプログラム統 括責任者と相談して決定することができます。
プログラムに定められた研修の評価は施設ごとに指導管理責任者(専門研修連携施設)、 指導医が行い、プログラム統括責任者が最終評価を行う。本プログラムでは3年間の研修終了時には研修到達目標を達成し、救急専門医になるための必要十分な研修を受けることができます。

1・2年目
初期臨床研修
3・4・5年目
救急専門研修プログラム
  • 少なくとも1年間は本医学部救急救命センターにて研修を行う。
  • 連携施設での研修では1施設あたり少なくとも2ヶ月以上の研修を行うこと。
6年目
専門医および学位取得を目指す
詳しくはこちらから

短期研修プログラム

救急車で運ばれる傷病者の中には、極めて重篤な三次対応の必要な患者が存在します。しかし、三次対応の必要な患者へのマネージメントを学ぶ場が三重県では不足しているのが現状です。当院では三重県の救急医療レベルの底上げをするという目的のため、三重県下に存在する2次救急を担当する病院の後期研修医を始めとした若手医師を対象に三重大学での救命センター短期研修を提供しています。

詳しくはこちらから

その他

  • 初期研修医の間、2ヶ月間・短期間だけ三重大学集中治療室で働きたい。
  • 学位取得のために4年間だけ三重大学救急で研究を行いたい。

このような短期間の研修プログラムも適宜受け付けています。
ぜひ教育担当の川本までご連絡ください。

研修を終えた専門医の次のステップの場としても、当院のICUは十分な症例数を誇っております。

院内発症の重症患者や開心術、肝移植術などの大手術後の患者も入室し、主科と相談しながら全身管理のサポートを行っており他科との関係も非常に良好です。病床数も650床程度と顔の見える関係でいるのに最適な病床数と考えます。
多職種での診療を行っていることも当院の特徴の一つです。医師、看護師はもとより薬剤師、臨床工学士、理学療法士、栄養士にも積極的にICU運営に携わってもらっています。
勤務は3交代制で夜勤明けは原則フリーとなります。また、妊娠出産、病気などライフイベントに合わせて勤務体系をフレキシブルに組むことができます。
※見学の際はライフプランに関する相談も受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちら教育担当:川本

教育

三重県に多くの救急・集中治療医を育成するのが我々の使命です。毎日朝夕の2回カンファレンス(今井教授が必ず参加します)を行い、患者の病態把握、治療方針決定とともに、研修医への指導も行っています。カンファレンスでの患者病態のプレゼンテーションは研修医、医学生を主体にby systemで行うことを心がけており、将来どの科に進んでも全身を診られる医師を養成することを心がけています。また救急手技などは若手主体で行っており、救急科専門医に必要な手技が無理なく身に付きます。

初期研修医、後期研修医による症例発表、論文抄読会だけでなく、上級医からの初期・後期研修医向けのレクチャーを積極的に行い、大学病院として教育には力を入れています。

また、救急隊、地域病院の医療従事者への教育も大学病院の使命と考え、ICLS、BLS/ACLS、JPTEC/JATECなどを始めとする各種標準化コースやメディカルラリーを開催し、off the job trainingの場も豊富です。

各大都市までも最短で、名古屋まで40分、京都まで1時間、大阪まで2時間、東京まで3時間と、東海圏はもとより関西、関東の大都市にもアクセスが便利で様々な学術集会、研究会への参加も可能です。 取得できる資格は救急専門医、指導医、および集中治療専門医などがあります。

三重県内・救命指導医

三重県には救急指導医が6名いますが、そのうち4名が三重大学に所属しています。
専門医だけでなく、指導医養成施設としても最適です。

救急指導医名簿はこちら

三重県内・集中治療専門医医

三重県には集中治療専門医が13名います。そして過半数は三重大学に所属しています。集中治療室は救急科を含めたオープンICUです。半数は救急科の患者であり、三重県内でICUの教育を受けることを望む若手医師は当院ICUで研修をされることをおすすめします。

集中治療専門医名簿はこちら

メッセージ

見学受付

随時病院見学を受け付けています。
救命医としての勤務にご興味のある方、お待ちしております。

見学の日時については、ご要望に応じ検討させていただきます。
ご希望日の2週間前までに下記よりお問い合わせください。

※診療状況によってはご希望に添えず、日時の変更をお願いする場合がございます。 予めご了承ください。

TOP