ごあいさつ

三重大学コーディネーター

三重大学病院 がんセンター長 中瀬一則

がんセンター長 中瀬一則

がんは、昭和56年より日本人の死因の第1位を占めており、年間35万人以上の方が亡くなられています。また、生涯でがんに罹る可能性は2人に1人であるとされ、これから、高齢者の方が増加していくことを考えると、今後ますますがんでお亡くなりになる方が増加していくことが予想されます。わが国の政府はこのような現状を考慮し、がん対策のより一層の推進を図る目的で、「がん対策基本法」を平成19年4月1日より施行し、5年毎に具体的な「がん対策推進基本計画」を策定して、総合的、計画的ながん対策が進められています。

一方、文部科学省の事業は、大学間の連携による「がん医療人材養成拠点」において、各大学の特色を生かした教育プログラムを構築し、がん医療の新たなニーズに対応できる優れた「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」を養成することにより、我が国におけるがん医療の一層の推進を目的としています。特に、がん患者ひとりひとりに最適な医療を提供するプレシジョンメディシンを実現する「ゲノム医療従事者の養成」、これまで対策が不十分であった「希少がん及び小児がんに対応できる医療人材の養成」、小児、AYA世代、壮年、高齢者といった「ライフステージに応じたがん対策を推進する人材の養成」を目指しています。

三重大学は、この文部科学省の「がん専門職医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プランに、京都大学、滋賀医科大学、大阪医科大学、京都薬科大学と共同で参画しています。三重大学のプランでは、大学院の教育コースとして、腫瘍内科専門医、放射線治療専門医、乳腺外科専門医、婦人科腫瘍専門医、がん専門薬剤師、がん看護専門看護師の養成コースに加えて、小児がん専門医の養成コースを開設しています。三重大学医学部附属病院は小児がん拠点病院に指定されていますので、小児がんのすべてに対応した研修が可能となっています。これらの大学院コースでは、がん研究による学位の取得とともに、がん専門職の資格取得を目指した指導教育を行い、優れたリサーチマインドを持ち、ライフステージやゲノム情報に応じた個別化医療を適切に実施できる高度がん医療人の育成を進める予定です。また、インテンシブコースにおいても、ゲノム医療や各ライフステージ・地域特性に応じたがん医療を担える多職種の人材を養成できるコースを開設して、地域におけるがん医療の総合的な向上を目指します。

© 2018 MIE UNIVERSITY HOSPITAL CANCER CENTER.