ごあいさつ

亀山地域医療学講座 教授 若林 英樹

三重大学総合診療ネットワークは、すべての人々に総合的な医療が行き届くことを目指し、診療と教育・研究活動を行う総合診療・家庭医療の専門職グループです。ここで総合的な医療とは、一人ひとりの患者さんだけでなく、ご家族、地域をも視野に入れ、多職種や他診療科と連携し、予防から治療、福祉、介護までを含む、プライマリ・ケアあるいは全人的な医療です。
この活動は、2000年に津田司教授が家庭医療学講座を立ち上げ、2011年より竹村洋典教授が本ネットワークとして発展させ今日に至ります。特に三重県内の幅広い医療ニーズに応える地域医療の実践、三重大学医学部における基本的臨床スキルや総合診療の臨床教育に力を注いでいます。私たちは多くの方々と協働し、Act Locally, think globallyで、この活動を持続、発展させています。どうぞよろしくお願いいたします。