学会発表

宮崎 景. 幼小児・思春期のケア1. 日本プライマリ・ケア連合学会2016, 東京(JP): 2016.

宮崎景. 総合診療専門研修におけるwomen’s health研修の実態及び意識調査?プログラム、研修医、医学生への調査. 日本プライマリ・ケア連合学会2016, 東京(JP): 2016.

橋本修嗣,  東悟史,  松林陽,  近藤誠吾,  鶴田真三,  矢部千鶴,  鵜飼友彦,  和田健治,  洪英在,  四方哲. 救急隊と直通のホットライン開設で病院選定時間は短縮するのか. 日本プライマリ・ケア連合学会2016, 東京(JP): 2016.

近藤諭, 市川周平, 後藤道子, 北村大, 宮崎景, 家研也, 竹村洋典. 医学科・看護学科学生による共同実習は、多職種連携コンピテンシー獲得に有用か?~ポートフォリオ評価から~. 日本プライマリ・ケア連合学会2016, 東京(JP): 2016.

原田直樹. 小腸カプセル内視鏡検査後に長期間カプセルが小腸内に滞留した多発小腸潰瘍の1例. 日本プライマリ・ケア連合学会2016, 東京(JP): 2016.

江角悠太. . 日本プライマリ・ケア連合学会2016, 東京(JP): 2016.

四方哲, 洪英在, 矢部千鶴, 鵜飼友彦, 鶴田真三,  和田健治, 橋本修嗣, 近藤誠吾, 松林陽, 竹村洋典. 都道府県別の医療費と自宅死亡割合からみた過疎地域における公立病院の役割. 日本プライマリ・ケア連合学会2016, 東京(JP): 2016.

市川周平,  北村大,  鵜飼友彦,  竹村洋典. 主治医と産業医の連携に関連する要因の探索:横断研究. 日本プライマリ・ケア連合学会2016, 東京(JP): 2016.

若林英樹,矢部千鶴,田口智博,湯浅美鈴,中富尚宏,宮崎景,竹村洋典,Todd Edwards. 家族志向の医療・ケア集中コース~三重大学家族システム/真理社会医学フェローシップ構築の試み~. 日本プライマリ・ケア連合学会2016, 東京(JP): 2016.

大西丈二. 地域在住高齢者の診療科別通院頻度について. 日本プライマリ・ケア連合学会2016, 東京(JP): 2016.

北村大,  市川周平,  鵜飼友彦,  他. コンセンサスメソッドによる主治医と産業医が連携する疾患の開発. 日本プライマリ・ケア連合学会2016, 東京(JP): 2016.

谷崎隆太郎, 上垣内隆文, 志田幸太, 大屋正樹, 原田直樹, 御前秀和, 竹村洋典. 十全大補湯による偽性アルドステロン症による低K性ミオパチーを呈した1例ー本邦における文献レビュー. 日本プライマリ・ケア連合学会2015, 東京(JP): 2016.

近藤誠吾, 堀端謙, 竹村洋典. ヘモグロビン値と皮膚・粘膜色の測色学的検討〜貧血の視診所見を科学的に評価する. 日本プライマリ・ケア連合学会2014, 東京(JP): 2016.

浦口亜弓,  乾己由希,  永井裕子,  城山真澄,  大西丈二. 食育アンケート調査結果からみえる食生活の課題. 第68回三重県公衆衛生協会学会, 三重・津市(JP): 2016.

城山真澄,  大西丈二. 日常生活圏域ニーズ調査による三重県内の一般高齢者の日常生活支援需要について. 第68回三重県公衆衛生協会学会, 三重・津市(JP): 2016.

大西丈二. 現行モデルに基づく三重県内の市町村における性・年齢別将来必要病床数推計の一手法について. 第68回三重県公衆衛生協会学会, 三重・津市(JP): 2016.

大西丈二. 年齢および要介護状態区分から推計する将来の介護サービス必要者数に関する研究. 第54回日本医療・病院管理学会学術総会, 福岡(JP): 2016.

北村大,  市川周平,  鵜飼友彦,  他. 主治医と産業医との連携と関連する環境要因. 第26回日本疫学会学術総会, 鳥取県・米子市(JP): 2016.

北村大,  市川周平,  鵜飼友彦,  他. 主治医と産業医との連携と関連する心理要因:横断研究. 第26回日本疫学会学術総会, 鳥取県・米子市(JP): 2016.

後藤道子, 市川周平, 春田淳二, 吉田和枝, 吉見憲二, 竹村洋典, 吉本尚. 本邦における医療福祉系専門職養成校の多職種連携教育に関する現状調査 報告の2.. 第8回 日本保健医療福連携祉教育学会, 東京(JP): 2015.

市川周平,  後藤道子,  吉田和枝,  他. 職種間・部署間連携が職業満足度およびWell-being に及ぼす影響. 第8回日本保健医療福祉連携教育学会, 東京(JP): 2015.

鵜飼友彦. 診療ガイドライン作成委員会報告 ~プライマリ・ケア医が今後診療ガイドライン作成に関わる為に~. 第6回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 つくば, 茨城県・つくば市(JP): 2015.

近藤誠吾. 腸閉塞症状で来院した原発性小腸癌の一例. 第6回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 つくば, 茨城県・つくば市(JP): 2015.

江角悠太,黒田奈佳子. 「繊維は家庭医療の真髄」. 第6回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 つくば, 茨城県・つくば市(JP): 2015.

大屋正樹,御前秀和,橋本修嗣. 患者の配偶者が『死の受容5段階モデル 』の心理プロセスを経過したと考えられた一例. 第6回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 つくば, 茨城県・つくば市(JP): 2015.

和田健治. 65歳以上の高齢者の肺炎を臨床検査なしで同定するための臨床予測ルールの開発-第1報. 第6回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 つくば, 茨城県・つくば市(JP): 2015.

矢部千鶴. 多職種連携2 (ポスターセッション座長). 第6回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 茨城県・つくば市(JP): 2015.

鵜飼友彦, 四方哲. 「プライマリ・ケア医の「急性膵炎ガイドライン2015」作成委員参加の報告」. 第6回プライマリ・ケア連合学会 つくば, 茨城県・つくば市(JP): 2015.

荒木史郎. 多職種連携教育ワークショップにおける薬学生の学びと気づき. 第61回日本薬学会東海支部 総会・大会, 愛知県・名古屋市(JP): 2015.

飯田蓉子,  石井亜弓,  水本洋子,  城山真澄,  木村圭佑,  佐野佑樹,  大西丈二. 地域在住高齢者におけるBDHQ (簡易型自記式食事歴法質問票) を用いた食事摂取状況と四肢筋量および体脂肪率との関連について. 第61回東海公衆衛生学会学術大会, 岐阜県・ 羽島市(JP): 2015.

1 2