三重大学総合診療ネットワークのブログ

お知らせ

Wonca World Conference 2018へ参加しました

10月17-21日に、WONCA World Conferenceが大韓民国ソウル市で開催され、三重大学総合診療ネットワークからは、総勢8名の先生方が参加されました。谷崎先生が寄せて頂いたWONCA参戦記をお送り致します。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 WONCA 2018 in Seoul に参加した理由は色々あったが,主なものとしては,現在進めている臨床研究をそろそろ形にするために何らかのブースターが必要だったことと,久しぶりに国際学会に行きたいという個人的な希望であった.さて,無事に演題採択の通知メールを受け取ったわけだが,気になる文面が・・・
 
「Notification of Abstract Acceptance for Oral Presentation」
 
んん?
 
 「Notification of Abstract Acceptance for Oral Presentation
 
もう一度確認して見たが,確かに Oral Presentation(口演発表)と記載されている.つまり,英語でのプレゼンテーション,質疑応答なのである.今まで国際学会ではポスター発表の経験はあったが,Oral presentation となると初めての経験であり,おそらくは喜ばしいことなのだと思われるが,期せずして今回の学会参加には,「国際学会で初 Oral presentation を経験する」という大きな理由ができたのであった.


 「いくつになっても挑戦できることがあるなんて嬉しい!」 ・・・と自分自身を鼓舞してみたところで,やはり普段英語を話す機会などほとんどない自分にとって,これはだいぶ事件なのである.

 

 「まあ国際とはいえ学会発表だから,大切なのは内容であって,英語なんてただの手段に過ぎないよね〜」 ・・・とこれまたセルフ余裕かましをしてみたところで,やはり内容よりも英語が気になってしまうのである.そう,オーラルでの発表はポスター発表と違い,より厳密な時間管理が求められる(=しっかり英語プレゼンの準備をしとかないと会場全体のテンションが下がる)のである.
(※一方のポスター発表では,国際学会では基本的には厳密には時間は決められておらず,通りかかった人にハーイとか何とか言ってテキトーに喋るのだが,あまり時間を気にせずプレゼンできるためか,これはこれで意外に会話が成立してしまうのである.)

 英語の対策をせねば・・・と思ってみても,まあとりあえず日々の仕事も忙しいので,やれる範囲でやってみることにした.ただ喋るだけなら Speaking の能力だけ鍛えれば良いのだが,会場とのディスカッションでは Listening の能力も求められるし,予期せぬ質問に対する返答をとっさに考えるときには Writing 能力(英作文)が求められるであろうと考え,仕事の合間に国際学会プレゼンンテーション用の書籍を12冊精読し,New England Journal of Medicine Podcast を聴きまくり,そして並行して英作文の本(ドラゴン・イングリッシュ基本英文100)も1冊読んでみた.

 そして迎えた本番前日,プレゼンテーションの最終チェック,と行きたいところだったが,私にとって今回の旅は人生初韓国である.まずは韓国の近さ(関空から約2時間)に驚き,韓国の刺激的な辛さ(仁川国際空港で食べたトッポギが辛いのなんの)に驚き,そしてマッコリの安さ(コンビニで750mlくらいのボトルが150円)に驚き,そこにはもうプレゼン前から韓国を満喫しまくる私がいた.

 はてさて,前日にはしゃぎまくったおかげか,あまり緊張することもなく翌日のプレゼンテーション本番を迎えることができ,さらに朝一番の発表でしかもトップバッターという,全く会場が温まってない状況(ていうか,みんな起きてる?みたいな雰囲気)だったため,しっかり盛り上げておこうという気持ちになり,結果的には事前に準備した通りのプレゼンテーションを展開できたのであった.また,座長のカナダ人の先生が非常に丁寧な英語でファシリテートしてくれたため,不思議と会場との質疑応答も問題なくやり遂げることができた.意外に何とかなるものである.

 やはり,国際学会はいろんな国のいろんな考え方に触れることができるので,非常に面白い(心房細動に対する抗凝固薬について,ワーファリンか DOAC かで,スウェーデン人のドクターとネパール人のドクターが熱いディスカッションを交わしていた.薬効や副作用だけではない,様々な視点がジェネラリストぽくて興味深かった).今回のこの機会を新たなモチベーションとして,今後も国際学会で発表し続けたいものである(というか,行かせて下さい).

 来年の WONCA は,あれ?京都?・・・いやいや,2020年の UAE もありますよ!

   

一覧を見る