三重大学総合診療ネットワークのブログ

学術活動

8/3~4 第50回日本医学教育学会大会で小野先生がポスター発表をされました

三重大学総合診療専門研修プログラム、専攻医3年目の小野亮佑です。
平成30年8月3日(金)・4日(土)に東京医科歯科大学で行われた、第50回日本医学教育学会大会において「三重大学総合診療科の専攻医による自己運営型の活動機会レジデント・デイの活動報告」と題して、ポスター発表を行いました。指導医の皆さんから良い活動であり発表の意義があると指導を受け、発表することを決意しました。とはいえ、この活動がどれだけ意義があるものなのか自分としては半信半疑な中での発表でした。
発表時はその自信の低さから緊張して拙い説明になった部分もありましたが、発表を通じて専攻医の自己運営という点で非常に価値のある活動であることが実感できました。また、今まで以上に医学教育の重要性を認識することができました。特に自己運営という点について、自分たちが学んだ感想を元に自分達のために取り組めるので、慢心せずPDCAサイクルを回し続ければさらに進んだ形の学習機会へ発展できるのではないかと、新しい可能性を感じました。まずは専攻医が定期的・効率的にPDCAサイクルを回すシステム作りや、学習内容・方法のブラッシュアップを中心に取り組んでまいりたいと思います。専攻医をレジデント・デイに各研修施設から快く送り出してくださっている先生方の期待に応えられるよう、この活動が引き続き当プログラムにとって誇れる活動になるよう、今後一層気を引き締めてまいります。
最後に、発表に際してご指導いただきました近藤諭先生、宮崎景先生、アンケートに協力してくださったレジデントの皆さん、ご協力ありがとうございました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

小野亮佑

一覧を見る