三重大学総合診療ネットワークのブログ

お知らせ

8/4 第50回医学教育学会大会(地域基盤型医学教育でのインスタントメッセンジャー利用取り組みの発表)

三重大学医学部附属病院総合診療科の近藤諭です。
平成30年8月4日土曜日、東京医科歯科大学において、三重大学医学部総合診療科・家庭医療学講座での地域基盤型教育での医学生と指導医間のコミュニケーション改善を目的としたインスタントメッセンジャー導入の取り組みを発表致しました!長期間地域で実習することにより生じた時間的・距離的な医学生と指導医の距離を、インスタントメッセンジャーの利用が縮めてくれたと感じています。また、学生の直面する課題への迅速な対応が可能となったことや、学生の振り返り促進が生じたことなど、大きな効用を実感しています。本取り組みの発表により、導入に伴う指導医側のデメリットやメリットついて多職種の聴衆と議論でき、今後の取り組みにつながる新しいアイデアを得ることができました。
このような新しい取り組みによる当ネットワークや当講座での医学教育の質向上を通じ、地域の皆さんへ提供できる医療の向上に今後引き続き挑戦して参ります。

三重大学医学部附属病院総合診療科 近藤諭

 

三重大学医学部附属病院総合診療科 近藤諭

 

一覧を見る