三重大学総合診療ネットワークのブログ

お知らせ

5/24第2回訪問薬剤に関する交流会を開催しました

2回目となる訪問薬剤業務に関わる薬剤師の交流会を県立一志病院で行い、38名の方に参加いただきました。一志病院の岩佐医師より在宅で血圧測定をした場合の対応について演習も交えてレクチャーがあり、荒木薬剤師からは「多職種連携における薬剤師の役割」について実体験をもとにお話しいただきました。
その後のグループワークではケアマネージャーや医師、看護師にも参加していただき、在宅での薬剤管理の実情を情報交換し、課題を共有しました。在宅療養支援の中心となるケアマネージャーは、多職種が連携する上で要であることを改めて実感しました。

< 研修会でのグループワークで集まった意見はこちらに掲載しています。

一覧を見る