診療科・部門

感染症内科

  • 診療案内
  • 高度先進・特殊医療
  • スタッフ紹介
  • 外来担当医表

治療方針

感染症は、あらゆる臓器に発生するため、各専門診療科において治療されることが多いですが、中には診断・治療に苦慮する場合があります。関連する診療科と協力しながら、このような患者様の診療支援を行うことを基本方針としております。
中央部門である感染制御部、中央検査部(細菌検査室)など病院内の感染症関連部署と連携して診療にあたります。

主な診療内容

  • 細菌・真菌・ウイルスなどによる感染症(ただし、HIV感染症・AIDSは対象としておりません)
  • 蚊媒介性感染症(デング熱、マラリアなど)などの渡航者感染症(ただし、感染症の種類によっては、法律上、当院で診療できない場合があります)
  • 成人向けの感染症検査・ワクチン接種(実習・就職前の感染症関連検査や海外渡航前のワクチン接種)
  • 入院中患者の感染症診療支援
  • 感染症内科としての入院病床はないため、入院を要する場合は、関連専門診療科と共同して診療にあたることになります。

得意とする分野

  • 感染症患者(重症感染症、薬剤耐性菌感染症、渡航者感染症など)の診断と治療
  • ワクチン接種