診療科・部門

腎泌尿器外科

独自HPへ

main_jinhinyouki
  • 診療案内
  • 高度先進・特殊医療
  • スタッフ紹介
  • 外来担当医表

治療方針

腎泌尿器外科の専門とする臓器は、副腎・腎・尿管・膀胱・前立腺・尿道・男性生殖器などです。
このような臓器の外科治療(腎移植を含む)とともに、尿路感染症、排尿障害、腎不全、生殖内分泌疾患など内科的な疾患も取り扱います。 
近年、高齢者社会の進展とともに高齢男性に多い前立腺肥大や前立腺がんを中心とした泌尿器科診療の需要は急増しております。
常に、患者さんにとって出来る限り優しく、最適で最新の治療の提供を心がけ、地域に良質な泌尿器科医療の提供を心がけております。

主な診療内容

  • 尿路性器癌の診断治療(腎・副腎腫瘍、膀胱および前立腺癌、精巣腫瘍など)
  • 排尿障害の診断治療(前立腺肥大症、神経因性膀胱など)
  • 腎移植、腎不全
  • 男性不妊・男性更年期障害・EDの診断治療
  • 小児泌尿器科疾患の診断治療(停留精巣、膀胱尿管逆流症など)
  • 尿路感染症(膀胱炎、腎盂腎炎など)、婦人泌尿器疾患(尿失禁など)
  • 尿路結石治療

得意とする分野

  • 尿路性器癌の新規抗癌剤治験を含めた集学的治療
  • 尿路性器癌に対する低侵襲治療
  • 尿路性器癌の診断
  • 前立腺肥大症の低侵襲手術
  • PSAによる前立腺癌検診外来
  • 生体腎移植

受診される方へ

腎臓や膀胱・前立腺の病気は、あまりなじみが無いかもしれませんが、泌尿器癌などは、あまり症状が無く、ひそかに進行する事が多く、血尿や排尿障害など少しでも心配な事がありましたら、是非泌尿器科専門医を受診してください。
最近の診断機器の進歩により、患者さんに優しい検査法となっておりますので、心配はいりません。