病名・医師名
フリーワード検索

診療案内

運営方針・運営体制

臨床麻酔部は全16室ある中央手術部の麻酔管理および検査の麻酔を担っています。その他、血管撮影室やその他の部屋での出張麻酔も行っています。

業務内容

臨床麻酔部では年間約5000例の手術症例を担当しています。麻酔管理の方法には全身麻酔、硬膜外麻酔、脊髄くも膜下麻酔、末梢神経ブロックなどがあり、患者さんの状態や手術方法に応じて、これらの麻酔方法を単独もしくは併用して行っています。

全身麻酔について

全身麻酔というと「眠っているうちに手術が終わる」というイメージを持っておられる方が多いと思いますが、そのために以下の3つの要素をコントロールする必要があります。
  • 眠ること(鎮静)
  • 痛みをとること(鎮痛)
  • 体が動かないようにすること(筋弛緩)

私たちは麻酔薬を含め様々な薬剤をバランスよく用い、患者さんがより快適な状態で手術を受けてもらえるように日々努力しています。

全身麻酔の流れ
手術室に入室されたらまず心電図や血圧計を装着し、点滴ルートを確保します。
顔に酸素マスクを当てて十分に酸素を吸ってもらいます。麻酔薬は点滴ルートから入っていきますので、声がかかったら直ぐに眠ってしまいます。意識がなくなると同時に呼吸も止まってしまうため、口から気管へチューブを挿入し、人工呼吸管理を行います。
手術中は血圧、心拍数、体内の酸素量、尿量、出血量などを観察し、患者さんの全身状態を管理します。手術が終了したら麻酔薬を停止し、覚醒へ向かいます。自発呼吸がしっかりしたら気管へ挿入していたチューブを抜去し、血圧、心拍数、体内の酸素量が十分かどうか観察し、問題なければ手術室から退室します。
私たちは患者さんが安全に手術を受けられ、質の高い医療を実践できるように努めています。

スタッフ紹介

顔写真 教授
亀井政孝
専門分野
日本麻酔科学会指導医、日本心臓血管麻酔学会専門医、米国周術期経食道心エコー専門医
顔写真 講師
境倫宏
専門分野
日本麻酔科学会認定医
顔写真 講師
松成泰典
専門分野
日本麻酔科学会指導医
顔写真 助教
坂倉庸介
専門分野
日本麻酔科学会専門医、日本小児麻酔学会認定医
顔写真 助教
米倉寛
専門分野
日本麻酔科学会専門医、米国周術期経食道心エコー専門医、公衆衛生学修士(京都大学)、臨床疫学会認定専門家
顔写真 助教
木村準之介
専門分野
日本麻酔科学会認定医
顔写真 助教
中森裕毅
専門分野
日本麻酔科学会専門医、日本小児麻酔学会認定医、JB-POT
顔写真 医員
生川未菜
専門分野
日本麻酔科学会認定医
顔写真 医員
大川真駒
専門分野
顔写真 医員
田中智哉
専門分野
顔写真 医員
伊藤芳彰
専門分野
顔写真 医員
前澤貴
専門分野
顔写真 医員
高井遥香
専門分野