診療科・部門

臨床工学部

独自HPへ

  • こんな仕事をしています
  • 主な検査・先端機器
  • スタッフ紹介

運営方針・運営体制

現代医療において各種医療機器がめざましい進歩を遂げるなか、医療機器専門技術職である臨床工学技士が中心となり呼吸、循環、代謝に関わる生命維持管理装置の操作及び保守点検を行っております。また特定機能病院として急性期医療を果たすべく、医学と工学の知識を併せ持ち、さらなる専門性への要求にお応え出来るよう、日々技術研鑚に励んでおります。
さらに、臨床医工学技士の専門性を活かし、新生児から成人までの心臓手術時の人工心肺操作、人工透析及び特殊血液浄化の実施、心臓カテーテル・不整脈治療における診療補助等、チーム医療の一員としてより安全で最良の医療、技術の提供ができるよう努力しています。

当科所属専門認定士

  • 不整脈治療専門臨床工学技士 1名
  • 透析技術認定士 8名
  • 4学会合同体外循環技術認定士 5名
  • 3学会合同呼吸療法認定士 6名
  • 臨床ME専門認定士 1名
  • 第1種ME技術者 3名
  • 第2種ME技術者 19名
  • 医療機器情報コミュニケータ(MDIC) 1名
  • 認定ホスピタルエンジニア(CHE) 1名
  • 透析技能検定2級 1名
  • アフェレシス学会認定技士 1名
  • 消化器内視鏡技師 3名
  • 小腸カプセル内視鏡読影支援技師 1名
  • 心血管インターベンション技師 2名
  • 心電図検定3級 2名
  • 急性血液浄化認定指導者 2名
  • 日本DMAT 1名
  • 医療ガス保安管理技術者 1名

業務内容

救急集中治療部門
業務内容は呼吸療法、急性血液浄化、補助循環、医療機器の保守管理を行っております。呼吸療法としては救命救急・総合集中治療センターだけでも年間約400人を超える人工呼吸器装着患者さんが存在し、医師や看護師、理学療法士、薬剤師など様々な職種と協力しチーム医療に貢献しています。また、RST(呼吸療法チーム)と伴に呼吸療法に関する教育や安全管理、相談役としても活躍しています。
急性血液浄化、補助循環においても新生児から高齢患者さんまで多岐にわたる疾患に対し、安全で質の高い医療の提供をめざし24時間365日院内常駐体制で対応しています。持続的血液濾過透析療法は年間約300件を超え、院外心肺停止の循環補助や重症呼吸不全に対する呼吸補助も含め年間約30件以上の実績があります。
医療機器管理面では各センターの高度先進化する多様な機器を把握し、保守点検を行うことで安全安心な医療の提供に貢献しています。また、ドクターヘリ内の医療機器の保守点検やトラブルにも対応し、重症患者さんの搬送にも関わっています。
医療機器管理・手術支援部門
病院で使用される医療機器の統括管理を行っています。業務は大きく2つに分ける事が出来ます。1つは医療機器の保守管理、もう1つは手術機器の操作です。
医療機器の保守管理では、輸液ポンプ・シリンジポンプ・除細動器・電気メス・麻酔器など、院内で使用される大多数の機器を中央管理しています。貸出返却を行う機器は、機器の所在をリアルタイムに表示させる位置情報管理システムを導入し、機器の効率的な運用を目指しています。さらに、使用中の安全を維持するための定期点検や故障や破損が発生した時の保守を行っています(定期点検:約4850件、保守点検:約1200件)。また、スタッフへの機器説明会の開催や在宅患者さんへの機器貸し出し時の使用方法の説明も重要な業務の一つです。
手術機器の操作では、内視鏡装置やナビゲーション装置、手術支援ロボット(da Vinci)、眼科関連機器等の準備、操作などを行っています(年間約2200件)。
手術では一人の患者さんに複数の機器が使用されるため、これらの機器の安全を守ることが我々の重要な役割です。
体外循環部門
開心術等で使用される人工心肺装置の操作を行っています。人工心肺装置は、貯血槽、血液ポンプ、人工肺、血液フィルター、血液濃縮器、チューブ、モニタリング機器から構成されており、臨床工学技士が組み立て操作します(年間成人症例:約100例、先天性症例:約50例)。手術中に人工心肺装置にトラブルが発生すると人命に直結する大事故となります。臨床工学技士はこのようなトラブルに対応するためシミュ―レーショントレーニングや機材の準備、環境整備を行っています。
当院は、先天性心疾患・弁膜症・虚血性心疾患・大血管手術など幅広い症例に対応しており器材選択や操作方法等、患者さんに適した人工心肺が行えるよう日々研鑽に努めております。またより良い人工心肺を追及するための研究活動も積極的に行っています。
循環器・放射線治療部門
各科の専門医師を中心に看護師・診療放射線技師・臨床検査技師・臨床工学技士とチームを構成し、患者さんが安全にかつ安心して検査・治療が施行できるように診療サポートしています。
また、最新の3D解析ツールを備えた血管撮影装置および、フラットパネル搭載型のバイプレーン血管撮影装置、Hybrid ORを含めた5台の血管撮影装置を用いて血管造影検査(CAG:年間500例)や血管内治療(PCI:年間約300例、EVT:年間約100例)を行っています。臨床工学技士は、血管内超音波(IVUS)や光干渉断層装置(OCT)、ポリグラフを操作し治療補助を行っています。また、急変時は補助循環装置(IABP・ECMO)を施行できる体制を整えています。 その他、肺動脈の狭窄や閉塞に対するバルーン肺動脈形成術(年間約10例)、心房中隔欠損のカテーテル治療等(年間約42例)、不整脈に対する心臓植込みデバイスの植込み(年間約60例)および管理(年間約600例)、カテーテルアブレーション(年間約150例)や経皮的ラジオ波焼灼療法(年間約150例)など多岐に渡る治療補助も臨床工学技士が行っています。
血液浄化・光学医療診療部門
血液浄化療法部では、入院を要する腎不全患者様に対し血液透析治療を行い、24時間臨床工学技士が安全な治療に努めています。救急領域では持続的血液濾過透析は年間約300件を超えており、あらゆる急性血液浄化に迅速に対応しさらに各種難治性疾患に対する血漿交換療法や吸着療法、腹水濾過濃縮等の特殊血液浄化も多数実施しています。また機器管理や透析液の水質管理に重点を置き、患者さんに安心して治療を受けていただけるよう努めています。
光学医療診療部では、検査室が5室(うち透視装置付が2室)あり、上部消化管・下部消化管・気管支鏡などの検査を年間約4000件行っております。また、内視鏡による様々な治療(静脈瘤に対する硬化療法(EIS)/結紮術(EVL)、粘膜切除術(EMR)、粘膜下層剥離術(ESD)等年間約800件)や、肝胆膵領域における治療(採石や胆道ドレナージ術(ERBD)、内視鏡的逆行性膵胆管造影法(ERCP)年間約250件)、小腸内視鏡(約100件)、カプセル内視鏡(約100件)も積極的に行っております。様々な検査や治療に対応するべく、39機種66本のスコープをはじめ400種類以上の処置具を保有しております。
我々、臨床工学技士はこれらのスコープが適正に洗浄消毒されているかの細菌検査、検査・治療を安全に進めるための各種処置具の準備や保守管理を行っております。
また検査・治療時には患者様が安心して治療を受けていただけるように看護師と共に患者の介護や医師の手技介助などのサポートを行っています。