診療科・部門

リハビリテーション部

  • こんな仕事をしています
  • 主な検査・先端機器
  • スタッフ紹介

業務内容

手術や脳卒中、長期の安静等により動けなくなった患者様に対し、理学療法、作業療法、言語聴覚療法により、早期に在宅復帰・社会復帰できるように治療を行っています。

理学療法は筋力や関節可動域の改善、座る・立つ・歩くなどの基本動作の改善を中心に治療を行っています。作業療法は更衣動作、トイレ動作、家事動作などの日常生活動作や応用動作の改善、道具や作業を用いて筋力や関節可動域の改善を行います。言語聴覚療法は失語症や構音障害(上手く言葉がしゃべれない、言葉が出てこない)など、ことばによるコミュニケーションに問題がある方にコミュニケーションが取れるように治療を行います。また、摂食・嚥下の問題(上手く飲み込めない)にも専門的に対応します。

対象をとなる患者様は、四肢の関節疾患・手術後、脊椎疾患・手術後、四肢・脊椎腫瘍の手術後、脳卒中、神経難病、脳腫瘍、頭部外傷、高次脳機能障害、心疾患、呼吸器疾患、胸部手術後、腹部手術後、その他治療による安静で筋力低下等を生じ動けなくなった方など様々な疾患・患者様を対象に治療を行っています。