診療科・部門

口腔ケアセンター

  • こんな仕事をしています
  • 主な検査・先端機器
  • スタッフ紹介

運営方針・運営体制

がんや全身麻酔での治療時に起こるお口のトラブルを予防し、治療が円滑に進むよう、治療開始前から受診していただき、お口の中をきれいにしてもらうことをお勧めしています。
お口の中はとても細菌が多い場所のため、がん治療や全身麻酔などの際に、その細菌が様々な悪影響を与えることが判っています。このため手術前からお口の細菌をできるだけ減らしておくことで、治療を助ける効果が期待できます。

業務内容

  • 周術期の口腔ケア
  • 術前の動揺歯検診

口腔ケアの効果

① 肺炎の予防
お口の細菌を減らしておくことで、術後性肺炎、誤嚥性肺炎の予防に効果があります。
② 傷口の感染予防
お口やのどなどの手術では、術後の傷口の感染予防となります。
③ 全身麻酔時に歯を守る準備
全身麻酔時の気管への挿管で、歯が抜けたり、折れたりしないように歯を守る準備が出来ます。
④ 術後の回復の手助け
お口の状態を良くしておくことで、手術後の食事開始を手助けし、全身の回復を助けます。