診療科・部門

光学医療診療部

  • こんな仕事をしています
  • 主な検査・先端機器
  • スタッフ紹介

運営方針・運営体制

当診療部は、日本消化器内視鏡学会および日本気管支学会の指導施設であり、最先端の内視鏡診療と教育を行っている。
消化器肝臓内科、消化管および肝胆膵外科、呼吸器内科、耳鼻咽喉・頭頸部外科、総合診療部、救急部、放射線科の医師と協力して、消化器疾患、呼吸器疾患、咽頭・頸部疾患領域の内視鏡検査・内視鏡治療を行っている。当部門の内視鏡画像データはデジタルファイリングされ、大学のネットワークを介して、外来・病棟等で参照が可能であり、診療・教育等に利用されている。

消化器領域では、拡大内視鏡や超音波内視鏡を用いて、病変が詳細に検討されている。
早期胃癌や早期大腸癌に対する内視鏡的粘膜切除術、同粘膜下切開剥離術、消化管出血・消化管狭窄の治療、食道静脈瘤硬化療法・血紮術、内視鏡下胃瘻造設術、胆管・膵管内結石の治療、狭窄胆管・膵管の拡張術等を行っており、非侵襲的に良好な治療成績を上げている。また、胃・十二指腸疾患の原因菌とされているヘリコバクター・ピロリ感染の診断と治療についても豊富な経験を有している。呼吸器領域では、気管支鏡を用いて、肺癌等の胸部腫瘤性疾患の診断と内視鏡的治療、喀痰採取による気管支鏡下細胞診等を行っている。