診療科・部門

医療安全管理部

  • こんな仕事をしています
  • 主な検査・先端機器
  • スタッフ紹介

運営方針・運営体制

平成14年4月に安全管理室として設立された当部門は、22年4月に感染制御部と発展統合し、医療安全・感染管理部として活動を行ってまいりました。その後、安全管理部門、感染管理部門ともに業務は拡大の一途をたどり、新たに特定機能病院の要件が制定されたこともあり、29年4月から、再び、医療安全管理部(Department of Patient Safety)と感染制御部としてスタートすることとなりました。

医療安全管理部には専従医師(部長)、専従看護師(ゼネラルリスクマネージャ、以下GRM)2名、専従薬剤師(GRM)1名、兼任薬剤師1名および事務職員1名からなるスタッフに加え、29年4月からは、医薬品安全管理責任者、医療機器安全管理責任者、および、手術部副部長が兼任配置となりました。
以上のように充実したスタッフに加え、多職種・多部署の多くの職員の協力のもと、医療安全管理にかかる係る活動を行っています。

医療安全管理部は直接診療を行う部署ではありませんが、医療安全対策を通して、患者の皆様が安心して受けていただける『良質な医療』の提供を目指して活動しています。

業務内容

  • 「インシデントレポート」の収集・分析および事故防止対策の立案・周知に関すること。
  • 医療事故防止に関わる病院内の巡視・点検・評価に関すること。
  • 医療事故防止に関わる業務改善の提言・指導に関すること。
  • 医療安全管理に関わる教育・研修・啓発に関すること。
  • 医療事故防止対策マニュアルに関すること。
  • 医療の質・倫理に関すること
  • 高難度新規医療技術に関すること
  • 未承認新規医薬品・医療機器に関すること
  • インフォームド・コンセントおよび診療録の記載状況に関すること