診療科・部門

外来化学療法部

  • こんな仕事をしています
  • 主な検査・先端機器
  • スタッフ紹介

運営方針・運営体制

近年、がんに対する薬物療法は、目覚ましい進歩を遂げ、外科手術、放射線治療とともに重要な位置を占めています。様々な腫瘍で薬物療法が実施されていますが、その多くが、生活の質(Quality of Life:QOL)の観点から外来治療として実施されています。そのようなニーズに応えるため、外来化学療法部ではより高度で専門的な治療を、患者さんに安心して受けて頂けるよう努めております。

業務内容

がん薬物療法を専門とするスタッフ(医師、看護師、薬剤師)のもと、関係する診療科と緊密に連携して治療を行っています。標準的治療のほか、新規治療開発のための臨床試験、治験なども実施しております。
主な対象疾患は下記の通りです。

  • 固形腫瘍(肺癌、乳癌、大腸癌など)に対する薬物療法
  • 悪性リンパ腫など造血器腫瘍に対する薬物療法
  • 小児癌に対する薬物療法
  • 炎症性腸疾患・リウマチに対する薬物療法

受信される方へ

  • 治療室内では原則お食事を控えていただいております。待合室には休憩コーナーを設けています。
  • 待合室には副作用を中心とした様々なパンフレットをそろえています。治療中の方以外でもけっこうです、気軽にお越しください。