Cē

HOME診療と研究IVR

IVR

IVRはInterventional Radiologyの略語である。Surgical Interventionという言葉から派生している。手術的な治療に対し、放射線科で行われる経皮的手技(穿刺や血管造影)を用いて治療するというものである。当教室では、血管造影手技を用いた観血的IVRとラジオは凝固療法(RFA)を中心とした非観血的IVRを行っている。
RFAは2000年から肝癌に対して治療を開始し、2002年からは肺癌、骨腫瘍、副腎腫瘍に対し治療適応を拡大してきた。現在まで、のべ1,000人以上の患者にRFAを施行している。
主な手技を紹介する。

RFA

A)肝細胞癌に対するRFA

腫瘍径が5cm以下、腫瘍個数が5個以内であれば基本的に肝動脈塞栓術を行った後にRFAを行っている。この併用治療を受けているのべ患者数は年間300人程度である。
当教室ではこの併用治療の有効性を発表してきた。この併用治療が初回治療で主腫瘍径が5cm以下単発または主腫瘍径が3cm以下で腫瘍個数が3個以内の患者数は2,000年から2,004年まで100人であった。4年生存率81%で、外科切除と同等の成績であった。

参考文献:
1.Yamakado K, Nakatsuka A, Akeboshi M, Shiraki K, Nakano T, Takeda K. Combination therapy with radiofrequency ablation and transcatheter chemoembolization for the treatment of hepatocellular carcinoma: Short-term recurrences and survival. Oncol Rep. 2004 Jan;11(1):105-9.
2.Yamakado K, Nakatsuka A, Akeboshi M, Takeda K. Percutaneous radiofrequency ablation of liver neoplasms adjacent to the gastrointestinal tract after balloon catheter interposition. J Vasc Interv Radiol. 2003 Sep;14(9 Pt 1):1183-6.
3.Kawakita T, Shiraki K, Yamanaka Y, Yamaguchi Y, Saitou Y, Enokimura N, Yamamoto N, Okano H, Sugimoto K, Murata K, Yamakado K, Takeda K, Nakano T. A new prognostic scoring system involving des-gamma-carboxy prothrombin as a useful marker for predicting prognosis in patients with hepatocellular carcinoma. Int J Oncol. 2003 Oct;23(4):1115-20.
4.Yamakado K, Nakatsuka A, Ohmori S, Shiraki K, Nakano T, Ikoma J, Adachi Y, Takeda K. Radiofrequency ablation combined with chemoembolization in hepatocellular carcinoma: treatment response based on tumor size and morphology. J Vasc Interv Radiol. 2002 Dec;13(12):1225-32.

ページの先頭に戻る

B)転移性肝腫瘍に対するRFA

RFAは原発性肝癌にも有効である。現在まで約60人120の転移性肝癌に対してRFAを行っている。

C)肺癌に対するRFA

肺癌は悪性腫瘍の死因の第一位である。手術のみが有効な治療法であるが、手術適応になる症例は20%?30%程度である。化学療法や放射線治療が手術不能症例に対して行われているが、それらの成績はまだまだ満足すべきものではない。当教室でも2002年より肺癌に対するRFAを開始し、その有用性と限界を報告してきた。現在まで85人168肺癌に対してRFAを施行してきた。腫瘍の制御は腫瘍径が有意な因子であった。腫瘍径が3cm以下であると69%の病変が制御できたのに対し、3cmを超えるとその制御率は46%にとどまった。長期の経過観察がさらに必要であるが、肺癌に対するRFAは今後肺癌治療の柱の一つとなる可能性があると考えている。

参考文献:
1.Akeboshi M, Yamakado K, Nak
atsuka A, Hataji O, Taguchi O, Takao M, Takeda K. Percutaneous radiofrequency ablation of lung neoplasms: initial therapeutic response. J Vasc Interv Radiol. 2004 May;15(5):463-70.
2.Fumiyoshi Oshima MD, Koichiro Yamakado MD, Masao Akeboshi MD, Haruyuki Takaki MD, Atsuhiro Nakatsuka MD, Masashi Makita MD, Kan Takeda MD. Lung Radiofrequency Ablation With and Without Bronchial Occlusion: Experimental Study in Porcine Lungs. J Vasc Interv Radiol. 2004 (in press).

D)腎癌に対するRFA

現在まで31人の腎癌患者、35腎癌に対してRFAを行った。31人の患者の内、5人は以前に片方の腎臓を摘出しており、腎癌は残存腎にみられた。一人の片腎患者では5個の腎癌が認められた。RFA後の局所再発は腫瘍径が4cmを超える2例(6.5%)にみられた。腫瘍径が4cm以下では局所再発がみられていない。RFA時に既に転移のみられた1例以外は、全員生存中で、2年生存率は95%である。高齢化社会の現在、他の病気が併存するため手術が困難な症例が増加している。また、透析を回避するためにRFAを選択する症例も多い。腎癌に対するRFAはこのような症例に対して、まさしく有望な治療法である。

参考文献:
1.Kariya Z, Yamakado K, Nakatuka A, Onoda M, Kobayasi S, Takeda K. Radiofrequency ablation with and without balloon occlusion of the renal artery: an experimental study in porcine kidneys. J Vasc Interv Radiol. 2003 Feb;14(2 Pt 1):241-5.
2.Yamakado K, Nakatsuka A, Kobayashi S, Akeboshi M, Takaki H, Kariya Z, Kinbara H, Arima K, Yanagawa M, Hori Y, Kato H, Sugimura Y, Takeda K. Radiofrequency Ablation Combined with Renal Arterial Embolization for the Treatment of Unresectable Renal Cell Carcinoma Larger than 3.5cm- Initial Experience. CardioVasc Interv Radiol (in Press).
3.山門亨一郎、中塚豊真、高木治行、刈谷善太郎、小林茂樹、竹田寛、有馬公信、杉村芳樹. 腎癌に対するラジオ波凝固療法. 低温医学2004; 30(3): 49-52.

ページの先頭に戻る

E)骨腫瘍に対するRFA

転移性骨腫瘍や多発性骨髄腫の痛みは、患者のみならず家族のQOLも低下させる。骨腫瘍に対するRFAの最も強調すべき利点は除痛効果に優れ、その発現も速やかな点である。現在まで骨腫瘍のRFAは60例、100病変に対し行ってきた。有痛性骨腫瘍患者全員で除痛効果がみられている。もっとも重篤な合併症として脊髄損傷があげられる。脊髄損傷は腫瘍が脊柱管まで浸潤している場合に高頻度に生じる。従ってこのような症例ではRFAは適応外と考えている。

参考文献:
1.Nakatsuka A, Yamakado K, Maeda M, Yasuda M, Akeboshi M, Takaki H, Hamada A, Takeda K. Radiofrequency ablation combined with bone cement injection for the treatment of bone malignancies. J Vasc Interv Radiol. 2004 Jul;15(7):707-12.

F)そのほかのRFA

副腎腫瘍10例に対してもRFAを行った。このうち4例はクッシング症候群を呈した良性腫瘍である。 クッシング症候群の症例では、RFA後ホルモン値が正常化し、症状も改善または消失した。皮膚腫瘍やリンパ節転移、筋肉転移等の手術が困難な症例にもRFAを行っている。

~現在進めている研究~
  1. 早期肝細胞癌に対するRFAと肝切除の治療結果の検討
  2. 大型肝細胞癌に対するRFAの治療結果の検討
  3. 早期腎細胞癌に対するRFAの治療結果の検討

ページの先頭に戻る

観血的IVR

A)動脈塞栓術

肝細胞癌に対するRFAで示したように肝細胞に対する肝動脈塞栓術が最もよく知られている。当院では年間約400例の肝細胞癌患者が肝動脈塞栓術を受けている。

参考文献:
1.Uraki J, Yamakado K, Nakatsuka A, Takeda K. Transcatheter hepatic arterial chemoembolization for hepatocellular carcinoma invading the portal veins: therapeutic effects and prognostic factors. Eur J Radiol. 2004 Jul;51(1): 12-8.
2.Horikiri N, Yamakado K, Nakatsuka A, Ishii T, Matsushima N, Tanaka N, Takeda K. Transarterial chemoembolization (TAE) with degradable starch microspheres (DSM) in advanced hepatocellular carcinoma. Gan To Kagaku Ryoho. 2001 Oct;28(11):1493-6.
3.Kitagawa K, Yamakado K, Nakatsuka A, Tanaka N, Fujii A, Takano K, Uraki J, Matsumura K, Takeda K. Selective transcatheter hepatic arterial chemoembolization for hemobilia from hepatocellular carcinoma: report of three cases. J Vasc Interv Radiol. 1999 Nov-Dec;10(10):1357-60.

B)リザーバー動注療法

転移性肝癌の症例を中心に行っているが、進行肝細胞癌患者に対しても行う機会が増えている。年間40-50例程度の症例が対象となる。カテーテルを肝動脈内に留置し、その末梢をポートと呼ばれる小さなタンクに接続する。そのポートを皮下に埋め込むことで外来での治療を可能にできる。外来で抗癌剤をそのポートから注入することで高濃度の抗癌剤を肝臓のみに集中させることが可能となる。転移性肝腫瘍に対しての奏功率は70%前後で肝細胞癌に対する奏功率は40%程度である。全身化学療法に比べるとかなり高い奏功率である。進行癌であってもリザーバー療法後down-stagingが期待できる。down-stage後RFAを行う症例も少なくない。

参考文献:
1.Hamada A, Yamakado K, Nakatsuka A, Tanaka N, Takeda K. Repeated hepatic arterial infusion chemotherapy using an implanted port system in patients with unresectable malignant liver neoplasms: significant factors affecting early hepatic arterial occlusion. Oncol Rep. 2003 Nov-Dec; 10(6):1821-7.
2.Hamada A, Yamakado K, Nakatsuka A, Takaki H, Akeboshi M, Takeda K. Hepatic arterial infusion chemotherapy with use of an implanted port system in patients with advanced hepatocellular carcinoma: prognostic factors. J Vasc Interv Radiol. 2004 Aug;15(8):835-41.
3.Hamada A, Yamakado K, Nakatsuka A, Takeda K, Suenami Y, Hiramatsu Y. Clinical usefulness of reservoir system with a coaxial catheter. Nippon Igaku Hoshasen Gakkai Zasshi. 2003 Feb;63(3):108-10.
4.Nomura M, Yamakado K, Nomoto Y, Nakatsuka A, Ii N, Shoji K, Takeda K. Clinical efficacy of brachytherapy combined with external-beam radiotherapy and repeated arterial infusion chemotherapy in patients with unresectable extrahepatic bile duct cancer. Int J Oncol. 2002 Feb;20(2):325-31.
5.Tanaka N, Yamakado K, Nakatsuka A, Fujii A, Matsumura K, Takeda K. Related Articles, Links
6.Arterial chemoinfusion therapy through an implanted port system for patients with unresectable intrahepatic cholangiocarcinoma: initial experience. Eur J Radiol. 2002 Jan;41(1):42-8.