HOME教室紹介募集案内

募集案内

研修医募集中

医学生や研修医のみなさんを対象に、医局見学を受け付けています。

事前にこちらのフォームからお申し込みの上、お気軽にご参加ください。

医局員募集中

放射線医学教室では、常時医局員を募集しています。

メールまたはお電話にて直接お問い合わせください。見学にも対応いたします。

循環器画像診断に興味のある医師の研修を受け入れています

三重大学附属病院放射線診断科では、循環器領域の画像診断に興味がある若手医を募集しています。

MRIやMDCTによる心疾患の非侵襲的診断は近年飛躍的に進歩し、専門の研修を積んだ若手医師の活躍が大変期待されています。しかし、心臓の画像診断の領域でMRIの十分な経験を積む機会は少ないのが現状です。

当グループに一定期間参加して研修されることにより、MRIやMDCTだけでなく、冠動脈造影や心臓核医学(PET)を含んだ総合的な循環器画像診断トレーニングを行うことができます。

後期研修を2年程度された上で当グループに参加され、2年以上の循環器領域を中心とした画像診断・IVRの研修をされる事をお勧めします。

三重大学病院にはPhilips社製Ingenia 3T MRI装置が2台、32チャンネルコイルを備えたAchieva1.5Tなど合計5台のMR装置があり、心臓MRIに関して世界トップレベルの臨床経験と症例数を積むことが可能です。

MDCTに関しても、東芝社製320列MDCT装置Aquilion One、GE社製の高速X線スイッチングが可能な高解像度MDCT装置Discovery CT HD750(Veo)、シーメンス社製の2管球MDCT装置Definition FLASHが導入され、患者さんの診断や状態に最も適した高度の心臓CT検査を実施できる数少ない施設です。

三重大学病院にはサイクロトロンと最新のPET-CT(Discovery PET/CT 690)が導入されており、心筋血流PETやFDG-PETによる心筋糖代謝評価も行っています。

このように、当院には循環器領域の画像診断の経験と技量を高める上で理想的な環境が整っています。

生活に関しては十分な収入を確保致します。

お気軽に佐久間までご連絡ください。