看護部長の部屋

ごあいさつ

写真:看護部長江藤由美

当院の初代看護部長は現病院の前身である津市立病院時代、看護婦長として昭和7年に平田婦長が就任したのがはじまりです。それから84年の歳月がすぎ、私は平成28年4月より第7代目看護部長に就任しました。
当院は特定機能病院として高度で先進的な医療を安全に受けられる地域の拠点病院としての役割があります。看護部では、一人ひとりの患者さんに最善の看護を提供することを理念としています。高い倫理観をもって質の高い看護を提供するとともに、他職種の方々と協働し「チーム医療」を推進していきたいと考えています。
平成23年に病棟部門、平成27年に外来部門の移転もでき、患者さんやそのご家族の方にはもちろんのこと職員にとっても働きやすい環境となりました。看護部として、看護職員がお互いに認め合い持てる力が充分に発揮できる職場づくりを目指しております。

副病院長(医療サービス担当)
看護部長 江藤由美

看護部長ブログバナー

看護部の理念

一人ひとりの患者さんに最善の看護を提供します

看護部の基本方針

  1. 1.患者さんの信頼と安心が得られる看護を安全に提供します。
  2. 2.最新の知見を活用し、新たな看護の知識・技術の開発を推進します。
  3. 3.地域の看護を牽引し、看護の質向上に努めます。
  4. 4.看護の国際交流に努めます。

看護部の理念