home乳がん検診

乳がん検診

日本人女性の20人に1人が乳がんにかかると言われています。 最近では16人に1人との集計結果が報告されており、年々増加傾向にあります。
乳がんは早期のうちに発見すれば治る病気です。定期的な自己検診と乳がん検診を心がけましょう。
当院の検診は、乳腺診療に携わっている画像診断医と、乳腺外科医が緊密な連携をとりながら、 検診の遂行と結果判定を行っています。特に、毎回要精査検査の通知が届く方にはお勧めです。

写真:乳がん検診

検査でわかること 検査方法 健診の流れ 所要時間と費用
よくある質問 注意事項

検査でわかること

  • 乳がん
  • 線維腺腫などの良性腫瘍
  • 乳腺症

検査方法

  • マンモグラフィ + 乳腺エコー

健診の流れ

会計

次へ

健診センターにて受付

次へ

マンモグラフィ

次へ

乳腺エコー

次へ

終了

所要時間と費用

所要時間 費用
約40分 (マンモグラフィ+乳腺エコー) 9,360円

予約状況

実施曜日:水・木曜日 午後

  • オレンジ
  • =空きあり
  • 黄色
  • =残りわずか
  • グレー
  • =空きナシ
2018年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
2018年5月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
2018年6月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
2018年8月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
  • 空きあり
  • 残りわずか
  • 空きナシ

よくある質問

医師や技師は女性ですか?
女性医師・技師が担当いたします。
男性でも乳がんになりますか?
女性がなる病気と思われがちですが、男性でも乳がんになります。
全乳がん患者のうち、男性の割合は0.5~1%です。
※検診は女性のみ行っております。
何歳から検診を受けた方がいいですか?
自治体が行う住民検診は、40歳以上の女性を対象に行っています。
当院が行う検診は、ご自身の判断でお受けいただく、任意(ドック)型検診ですので、 特に年齢制限はありません。
身内の方が乳がんにかかったことがある場合には、20代、30代でお受けいただいても 問題はありません。ただし、マンモグラフィはX線被ばくがあることから、2度目以降の若年の方には乳腺エコーのみの検診をお勧めすることもあります。不必要な精密検査を極力減らすため、専門医連携による結果判定を行っています。
何歳まで検診を受けた方がいいですか?
年齢の上限は特にありません。自治体が行う住民検診においても、80歳以上の方も対象であり、 集計結果に反映されています。

注意事項

  • 生理前は乳腺がはり、マンモグラフィ撮影時の圧迫が痛くなります。
    生理が終わってから3日後が理想です。
  • 妊娠中または妊娠の可能性がある場合には、事前にご相談ください。

健診メニュー