8月22日、院内防災訓練が行われました。
8階病棟内の一部から出火したという想定で、避難時の対応の手順を確認しました。
医師・看護師らは、模擬患者を誘導しながら非常階段からの避難経路を降り、避難した人数の報告することなどの確認を行っていました。
その後、津の消防署員の方から、消化器や消火栓を使った消火の方法を教わりました。
消化ホースでの放水では先端の切り替えの方法なども教わり、改めて日頃の備えの大切さを実感する訓練となりました。